【ジャンル】オペラ 【地域】関東  【名称】近江 養(オペラ演出家/東京都)


トップイメージ

オペラ「蝶々夫人」 演出:近江 養



INFORMATION
顔写真
近江 養(オペラ演出家)/プロフィール

●1978年(昭和53年)
舞台スタッフ会社 株式会社ビブ・クリエイト代表・藤原歌劇団舞台監督 伊集院正則 氏 に師事。
藤原歌劇団オペラ演出家 粟国安彦 氏の下で演出助手をつとめる。
東京芸術大学大学院オペラ科教授・演出家 長沼広光 氏 に師事。
東京芸術大学大学院オペラ科公演にて舞台監督助手・演出助手をつとめるなど舞台スタッフとして活動をはじめる。
劇作家 藤川健夫法政大学教授 にシェークスピアの原語解釈、作劇法、演出法を学ぶ。

●1981年(昭和56年)
舞台スタッフ会社 株式会社ビブ・クリエイト入社。舞台監督、演出助手など舞台スタッフとして藤原歌劇団、二期会、演劇、ミュージカル、コンサート、イベントなどの舞台を経験する。

●1986年(昭和61年)
パリ大学大学院留学。パリ・オペラ座、ベルリン国立歌劇場にて研修。劇場経営を研修する他、指揮者O・スィトナー氏の音楽助手をつとめる。

●1989年(平成元年)
フランス革命200周年イベント運営スタッフをつとめる。
パリ大学大学院経済学研究文化経済経営専攻修士修了MBA取得。
パリ音楽院、演劇アカデミー修了。
オーストラリア・バレエ団、ベルリン国立歌劇場、ローラン・プティバレエ団、仏ナンシー現代バレエ団公演にて舞台監督を担当。

株式会社ホリプロに入社。 開発部プロデューサーとして、新規事業開発部門で空間店舗開発企画・エンタテインメント・イベント企画の企画立案、制作進行業務に従事。 日本武道館ジャズ・イベント「Face to face」、「花と緑の博覧会」の制作マネジメント、商業店舗空間開発プロデュースを担当。
ミュージカル・ファクトリー部門に異動、営業担当、広報宣伝担当。
プロデューサーとして、「ピーターパン」はじめ商業演劇のチケット・マーケティング、営業・広報宣伝プロモーション企画に従事。
●1991年(平成3年)
パリ大学に研究員として招聘され文化経済学、美術史、演出法を研究。
パリ・バスティーユ歌劇場・アマディル劇場・リヨン歌劇場で演劇、オペラ、舞踊公演の演出スタッフ、演出家P・シェロー 氏、作曲家L・ベリオ氏の助手をつとめた。 国立演劇劇場公演ボーマルシェ三部作「セヴィリアの理髪師」を演出する他、「フィガロの結婚」「罪ある母」の演出補をつとめる。

●1992年(平成4年)
スイス政府公認音楽エージェンシーICEに所属。
ショパン国際ピアノ・コンクール運営スタッフ、ハンガリー国立放送交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、バルセロナ市立管弦楽団、モスクワ・シティ・バレエ団招聘の制作チーフプロデューサーをつとめる。
ショパン国際ピアノ・コンクール・リスト国際ピアノ・コンクール入賞ピアニスト、ベルリン・フィルのソリストたちのマネジメントも担当する。

●1993年(平成5年)
株式会社カンバラ・ミュージック・パブリッシング入社。
プロデューサーとしてコンサート企画制作・マーケティングを担当し、企画開発に従事する他、著作権ロイヤリティ管理、海外契約渉外に従事する。
ジャズ・イベント日本武道館JTスーパープロデューサーズ、Mt.FUJI JAZZ FESTIVAL(マウント・フジ・ジャズフェスティバル)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団公演の運営スタッフをつとめる。
豊島区民オペラ・大田市民オペラ「メリー・ウィドウ」、足立区ギャラクシティガラ・コンサート等の企画制作プロデュース、文化施設運営コンサルティングを担当する。
トヨタ自動車、日本生命、朝日生命、富士ゼロックス他企業広報PRイベントのプロデュース、舞台構成を担当。

●1995年(平成7年)
食品メーカーモランボンさくらグループ系列企画会社株式会社アートン入社。
総合企画・広告・イベント制作会社の幹部社員(部門長)として事業推進の指導をする。
「世界の平和を願う作曲家 尹伊桑(ユン・イサン)音楽フェスティバル」制作総合プロデュースを担当。
山梨県小淵沢町主催〜森と風と音楽と〜八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭基本計画立案にコンサルタントとして参画する。
京王電鉄・京王百貨店企画主催コンサート「メリー・ウィドウ」企画プロデュース・台本、演出。

●1996年(平成8年)
子会社株式会社アートン・エンタープライズ代表取締役に就任。 食品メーカーモランボンさくらグループ等企業PRイベント、制作を担当する他、企業広報PR・飲食店業態開発経営コンサルティングにも従事し、経営の指導助言理論を習得。
富山県主催「国民文化祭とやま96富山市芸術文化ホール開場記念五箇山秘話オペラお小夜」のプロデュースを担当する。
山梨県小淵沢町こぶちさわ音楽祭実行委員会とコンサルタントとして契約。
「第1回〜森と風と音楽と〜八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭」アドバイザーとして運営コンサルティング指導にあたる。地域住民、圏域外の訪問者との信頼関係構築にあたる。
京王電鉄・京王百貨店企画主催コンサート「マリツァ伯爵夫人」企画プロデュース・台本、演出。

●1998年(平成10年)
株式会社アートンを退社し独立。
芸術文化・企画マーケティング指導、複合文化施設コンサルティング、インターネット検索サイトNET50、地域計画デザイニングをテーマに個人事務所ジアス・エンタテインメント・パブリッシング合資会社を設立。
富山市芸術文化ホール・オーバード芸術劇場プロデューサー契約就任(富山市民文化事業団)文化庁・富山市文化のまちづくり事業を担当。

富山県〜石川県内の地域・市民・経済界・ホール・行政とのパイプ役として、日常的な接触を図り信頼関係構築につとめる。
プロと市民が協働創造する市民参加型オリジナル舞踊公演「人間賛歌=蒼海=」制作プロデュースを担当する。
文化経済学会へ池上惇京都大学教授の推薦により入会。文化経済学者としても活動を始め「文化マーケティング論」を中心に講義、講演が多くなる。
「第2回〜森と風と音楽と〜八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭」アドバイザーとして企画アドバイス、運営コンサルティング指導にあたる。
茨城県下妻市主催「ラ・ボエーム」演出。和光市オペレッタ「メリー・ウィドウ」台本、演出。
Web制作・インターネット職業別検索サイト・情報配信サービスNET50を設立運営。

●1999年(平成11年)
富山市芸術文化ホール・オーバード芸術劇場プロデューサー契約。文化庁・富山市文化のまちづくり事業を担当。
プロと市民が協働創造する市民参加型オリジナルミュージカル公演ミュージカル・ファンタジー「遙かなる山、そして彼方へ」制作を担当する。
富山市芸術文化ホール主催自主事業コンサートの企画制作をも担当する。
山梨県小淵沢町こぶちさわ音楽祭実行委員会とコンサルタントとして契約。
「第3回〜森と風と音楽と〜八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭」アドバイザーとして企画アドバイス、運営コンサルティング指導にあたる。
和光市オペレッタ「マリツァ伯爵夫人」訳詞、台本、演出。
(財)京都市音楽芸術振興財団・京都コンサートホール主催ジルベスターコンサートオペレッタ「こうもり」台本・演出。
(財)石川県音楽文化振興事業団オーケストラアンサンブル金沢・石川県・金沢市・北国新聞社主催 “ビエンナーレいしかわ 歌劇「蝶々夫人」”製作統括プロデュース・演出を担当。

●2000年(平成12年)
富山市芸術文化ホール・オーバード芸術劇場プロデューサー契約。文化庁・富山市文化のまちづくり事業を担当。
プロと市民が協働創造する市民参加型公演「歌と演技と管弦楽によるオムニバス交響絵巻〜天・地・人〜」制作を担当する。
富山市芸術文化ホール主催自主事業コンサートの企画制作をも担当する。
山梨県小淵沢町こぶちさわ音楽祭実行委員会とコンサルタントとして契約。(4回目)
「第4回〜森と風と音楽と〜八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭」アドバイザーとして企画アドバイス、運営コンサルティング指導にあたる。
新潟県に委嘱を受け、県内地域振興計画・ニューにいがた里創プラン基本構想、基本計画策定企画立案に参画する。
所謂ハコ物による地域振興ではなく、ソフト事業としてプロセス重視、まちづくり人材の育成、地域資源活用(人・知識経験・自然)、プロとの協働・交流人口の拡大を主題にした企画を立案する。

(財)群馬県教育文化事業団 プレ国民文化祭ぐんまにて創作歌劇「みずち」制作プロデュースを担当する。
上福岡市・入間東部オペラ第1回公演オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」を演出、制作指導にもあたる。
山梨県小淵沢町こぶちさわ音楽祭実行委員会とコンサルタントとして契約。(5回目)
「第5回〜森と風と音楽と〜八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭」企画アドバイス、運営コンサルティング指導にあたる。
ドイツ・ザクセンアンハルト州デッサウ市に大戦後はじめて日本人として公式招聘されドイツ各地の劇場文化施設を取材し地方分立国家ドイツにおける地域文化政策・文化経済事情を研究した。

●2001年(平成13年)
群馬県と契約。国民文化祭ぐんま01創作歌劇「みずち」制作担当プロデューサーをつとめた。
新潟県糸魚川地域広域事務組合と契約。地域振興計画・糸魚川地域ニューにいがた里創プラン「奴奈川姫の里」変身劇場基本計画、実施計画策定に参画、推進アドバイザーをつとめ、地域住民主体の推進実施体制構築、説明、指導に奔走する。
ワークショップ企画立案・運営指導にあたる地域住民が主体になって創造する公演 歌劇「奴奈川姫」の取材・台本制作委員会・推進体制組織化など運営指導にあたる。
富山県魚津市新川文化ホール「サウンドオブミュージック」台本・演出・制作指導。
ワーグナー以来の歴史と伝統精神を受け継ぐ総合劇場ドイツ・ザクセンアンハルト州立歌劇場デッサウにて演出アドバイザー・製作総指揮・公演監督をつとめ同歌劇場創立以来初の公演旅行を成功させる。
ルーマニア国立ヤシ市バジレ・アレキサンドリ歌劇場に招聘され歌劇「蝶々夫人」演出をつとめる。
名古屋市主催・CBC中部日本放送事業局制作 市民による「第9コンサート」制作に参画。
富山県より委嘱を受け撤退予定の洗足学園魚津短期大学(魚津市、音楽科・普通科)の経営改革、教学改革プラン調査、再生計画を策定。
ウィーンで発見された日本をテーマにした最古のオペラ「細川ガラシャ夫人〜栄光の女性〜」企画アドバイザーとして鞄d通九州と計画。

●2002年(平成14年)
新潟県糸魚川地域広域事務組合と契約。地域振興計画・糸魚川地域ニューにいがた里創プラン「奴奈川姫の里」変身劇場実施に参画、推進アドバイザーをつとめ地域住民主体の推進体制、実施運営体制のコンサルティングをつとめ、ワークショップ運営・助言指導にあたる。また地域間交流イベント「奴奈川姫まつり」、同地域青海町総合文化会館きららの企画、運営指導にあたる。
(財)愛知県文化振興事業団(愛知県立芸術劇場)主催トークシリーズ「海外で活動する日本人〜海外の劇場事情」をテーマにゲストとして出演。
上福岡市・入間東部オペラ第2回公演オペラ「魔笛」を台本構成・演出・制作指導。
富山市民オペラ・富山市オーバードホール主催「五箇山秘話オペラお小夜」再演の総合プロデュースを担当する。
設計会社の委嘱により 劇場運営コンサルタントをつとめる。
新日本製鐵(株)建築事業部・(株)新日鐵都市開発の建築アドバイザー・劇場運営コンサルタントとして、国分寺市・杉並区の都市再開発PFI事業複合商業施設・文化ホール建設計画に参画。

●2003年(平成15年)
ドイツ・ザクセンアンハルト歌劇場デッサウにて公演監督・演出家をつとめる。
ベルリン芸術大学ベルリン大聖堂合唱団顧問/・客員研究員をつとめ西本願寺天台声明とのベルリン公演、日本公演実現にあたる。
新潟県糸魚川地域広域事務組合と契約。地域振興計画・糸魚川地域ニューにいがた里創プラン「奴奈川姫の里」変身劇場実施に参画、推進アドバイザーをつとめ地域住民主体の推進、実施、運営の指導をつとめる。また地域間交流イベント「姫の国まつり」、「伝統芸能の陣」運営指導にあたる。
文化庁・茨城県下妻市民文化会館オペラ主催 歌劇「夕 鶴」を演出。
「チケット・マーケティング論」、「新リーダー論。〜ノーブレスオブリージュ〜」をテーマにした研究論文を発表、講演。

●2004年(平成16年)
新潟県糸魚川地域広域事務組合と契約。地域振興計画・糸魚川地域ニューにいがた里創プラン「奴奈川姫の里」変身劇場実施に参画、推進アドバイザー、指導をつとめ、地域住民が主体になって創造する歌劇「奴奈川姫」公演の制作・運営指導にあたり、総監督をつとめる。
上福岡市・入間東部オペラ第3回公演 オペラ「アマールと夜の訪問者」を演出。

(財)相模原市市民文化財団グリーンホール相模大野主催市民参加型公演歌劇「照手姫」制作統括プロデューサーをつとめる。
森ビル「六本木アカデミーヒルズ・ファシリティ・マネジメント講座」文化施設担当 講師をつとめる。
法政大学付属学校の教学改革推進の諮問委員をつとめる。

●2005年(平成17年)
(財)茨城県文化振興財団助成石下音楽連盟主催 歌劇「蝶々夫人」を演出。 富山市・北日本新聞社・日本童謡協会主催「第15回全国童謡・唱歌サミットin富山」を構成演出。
中山晋平・高野辰之など昔の童謡作家の現地取材、現代の作曲家・詩人、全国から出演参加した合唱団、こどもたちとの交流を通じて日本の歌・詩を再発見し研究テーマに取り組む。
(財)相模原市民文化財団・相模原シティオペラ主催・市民が創るオペラ・コンサート「こうもり」台本・演出。

海外交流基金派遣共同制作公演ルーマニア国立ヤシ市バジレ・アレキサンドリア歌劇場にてオペラ「トスカ」を制作マネジメント演出。
日本文化の紹介交流をテーマに歌劇「夕 鶴」欧州公演の打診を受ける。
新潟県糸魚川市「奴奈川姫」を歌う会アドバイザーをつとめる。

●2007年(平成19年)
アイリッシュダンス「トリニティ」公演、世界ツアーにて公演監督を務めた。
岐阜県県民ふれあい会館・サラマンカホールで音楽事業部プロデューサーとしても契約。
国立大学法人神戸大学講師(先端表現演習講座・文化経済学講座)
●2008年(平成20年)
ハンガリー・ブダペスト・オペレッタ国立劇場公演の公演監督をつとめる。
国立大学法人神戸大学講師(先端表現演習講座・文化経済学講座)

●2009年(平成21年)
ハンガリー・ブダペスト・オペレッタ国立劇場公演の公演監督をつとめる。アメリカ会計士資格合格。
文化庁地域文化芸術振興プラン・茨城県下妻市オペラを歌う会「蝶々夫人」制作統括プロデューサー、演出予定。(計画推進中)

富山県射水市合併5周年記念計画「射水の海」(射水市文化振興財団・射水市中央文化会館)企画・原案・台本・制作統括プロデューサー・演出として契約。2010年公演予定。(計画推進中)
小澤陽氏企画・原案・プロデュース「野口英世」台本・演出。(計画推進中)
国際交流基金・フランス大使館主催 パリ日本文化会館にて歌劇「夕鶴」2011年公演予定。(計画推進中)

富山オーバードホール、名古屋CBC中部日本放送、京都コンサートホール、とも信頼関係、結びつきが強くヨーロッパ各地の劇場、音楽エージェント、演奏家、主要オーケストラとのクレディビリティを確立し、日本だけではなく海外においてもクラシックからオペラ・ミュージカル・バレエ・邦楽・伝統芸能・演劇・ジャズ・ポピュラー音楽にまで多岐に渡る音楽企画に経験とネットワークを連携できる異色のスーパー・プロデューサーとしてヨーロッパでも好評を得ている。
都市再開発文化プロジェクト事業のコンサルタント・アドバイザーの他、文化経済学者としても活動。
イタリア・ヴェローナ野外オペラの総合プロデュース、世界ツアーの公演監督をつとめる。



Prof.OSAMU OMI  KUNSTLERISCHER LEBENSLAUF

Geb. 1. Dezember 1958 in Tokyo , JAPAN
3−9−21―103 Asama Higashikurume 203-0012 TOKYO,JAPAN
E-mail: the-earth@musicnet.ne.jp
      oui-Omicci@t.vodafone.ne.jp  

Opern-Regisseur
Buhnenkunstler
Beginn der active Regie-assistenz der zahlreichen Opern-Projekt wahrend seiner Gymnasiumszeit.
Assistenz der Opernauffuhrungen bei FUJIWARA OPERA COMPANIE GROUP unter der Regie von Herr. YASUHIKO AGUNI und Herr. MASANORI IJYUIN.
Assistenz der opernschule von TOKYO ART UNIVERSITY bei Prof. HIROMITSU-NAGANUMA. u.a.
Studium der W.Shakespeare's Original und Interpretation und Dramaturgie und Regie bei Prof.TAKEO FUJIKAWA.
Produktionsleiter in der auffuhrung von PETER PAN bei HORI-PRODUKTION,inc.
Produktionsleiter von "THE EXPOSITION OF THE FLOWER AND GREEN " in OSAKA.
Buhnenmeister der Staats Oper Berlin und auf Tournee der Ballett Ensemble von Osterreich.
Produzent und Resisseur der Opernauffuhrung " Madama Butterfly " in Ishikawa Kanazawa Kankokaikan Theater.
Regiefurrung des Silvesterkonzert in Kyoto " Fledermaus "(Konzertant).
Produktionsleiter der Tanzkunstauffuhrung " Sokai(Blue See)" bei der kulturstadtplanung in Toyama(Organisation : Agency for cultural affair culture).
Produzent und Organisator bei " The National cultural festival and Opera 1996 " in Toyama " Osayo ".
Produzent und Regissuer bei " The National cultural festival and Opera 2000 " in Gunma " Mizuchi ".
Regie von " Die lustige Witwe " und " Grafin Marizza " bei Stadt Theater in Wako.
Regie von " La Boheme " bei Stadt Theater in Shimotsuma.
Regie von " Die lustige Witwe " bei Tokyo Stadt Art Theater in Tosima.
Produzent " des Music Festival Memorial Isang-Yun " ; Oper von I.Yun " Sim Tjong(Koreanische Legende)" .
Produzent und Resisseur der Opernauffuhrung " Madama Butterfly "," Yuzuru(White Heron) " bei Stadt Theater in Shimotsuma.
Technische Produzient und Betriebs theater in Japantournee " Anhaltisches Theater DESSAU ".
Technische Produzient und Betriebs theater in Japantournee " National Operetta Theater BUDAPEST ".
Zur Zeit;
Intendant der Mt.Yatugatake-Heits Kobuchisawa Music Festivals.
Mitglied von Japan Association for Cultural Economics.



オペラ「タンホイザー」 オペラ「バラの騎士」

名 前 近江 養 /おうみ おさむ
住 所 〒203-0012
東京都東久留米市浅間3−9−21―103
電 話 TEL. (00)(81)080−3154−3010
FAX. (00)(81)020−4666−9022

※芸術文化事業企画、制作プロデュース、文化経済など、ご意見・お問い合わせください。

E-mail: the-earth@musicnet.ne.jp

詳しくはホームページをご覧ください。


 地域リストへ